ノミ・ダニによる被害|猫に付着したノミ・ダニはフロントラインで徹底駆除!

ノミ・ダニによる被害

手のひらの薬

ノミやダニは犬・猫にとって昔から最も近しい寄生虫です。
卵、幼虫、さなぎ、成虫と成長過程が4段階あり、成虫になるとまた犬・猫の体表面に卵を産み付け、この成長サイクルを繰り返します。
この成長過程によって有効な治療薬が異なるため、これまでの治療薬ではどこか一過程にのみしか効果を発揮しないというケースも多かったです。
そのため、完全にノミ・ダニを駆除することができず、困っていた人も多いのではないでしょうか。

ノミやダニは動物から血を吸い、1日もしないうちに50個前後の卵を産みます。
これが約3ヶ月間続きますので、放置しているといつまで経っても猫がノミ・ダニから解放されません。
また、ノミ・ダニが猫から血を吸うことで、強い痒みを引き起こすほか、貧血や皮膚の炎症など、さまざまな症状にもつながりかねません。
そのままノミ・ダニが数を増やせば、猫だけではなく人体にも悪影響を与える危険もあります。

しかし、ノミもダニも非常に小さい存在ですのでなかなか確認することができないうえ、常に猫の体表面を移動していることから、自力で処理することはほとんど不可能でしょう。
そこで活躍してくれるのがフロントラインです。
フロントラインはノミ・ダニだけでなく、その他の外部寄生虫にも効果的な駆除薬となっており、猫を飼っている人には欠かせない医薬品です。
いつ愛猫が痒みやその他の症状を引き起こすかわかりませんので、いつでもすぐ治療できるようにフロントラインの準備をしておくといいでしょう。